社内SNS BeatShuffle(ビートシャッフル)に関する情報を配信

Beat ShuffleのアカウントをWindowsServerのアカウントと同期することができるようになりました。

f9a797cebc

『Beat Shuffle』が、WindowsServerなどのディレクトリデータベースへアクセスするための標準的なプロトコルであるLDAPに対応しました。LDAPに対応したことにより、『Beat Shuffle』で利用するアカウントを、WindowsServerに登録されているアカウントと連携・同期することができるようになりました。これにより、システムごとにアカウント情報をメンテナンスする手間が省けるようになります。

f9a797cebc

また、世界標準の認証の仕様であるSAMLにも対応しました。複数のシステムを利用していても、一度の認証ですべてのシステムを利用できるSSO(シングルサインオン)を実現することもできます。既存の業務システムと『Beat Shuffle』をシームレスに利用することができるようになりますので、『Beat Shuffle』をハブシステムとして社内の人事管理システムやグループウェアなど社内のWebアプリケーションへと連携することができるようになります。業務システムと社内SNSをより密接に結びつけることで、業務に関連したコミュニケーションを活性化させることが可能です。

 

関連記事